HappyLifeを目指して too | 身の丈にあったちょうどいいライフスタイルを送りたいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへにほんブログ村
↑ 自分に少しだけ負荷を与えるためにランキングに参加しました。
応援いただけたら励みになります。

Posted by anon on  | 

今年の花粉症対策はべにふうき茶

花粉症に関しては毎年なにかしらの対策をしています。

ノニジュースを飲んで調子が良かった年もありますし(←高かった!)
甜茶エキスを大人買いした年もあります。

甜茶エキスも効果あると思います。

が、今年は評判になっているべにふうき茶がお店に入ってきましたので買ってみました。

みたところ普通のお茶と変わりません。
飲んでも普通のお茶です。

・・・でも、なんとなくいいかも!?


多分アレルギーがあるであろう次男も最近ぐずぐずいわせてませんし、
私の気分もなんとなく軽い。












べにふうき(紅富貴)は、独立行政法人 農業技術研究機構 野菜茶業研究所で育成され、1993年に命名登録された茶葉です。
この茶は、もともと日本の「べにほまれ」と中国系の「ダージリン」を交配して作られた
アッサム種に近い茶品種。紅茶、半発酵茶の用途として開発されたそうです。




「べにふうき」茶には花粉症やアトピーなどのアレルギー反応を抑制するメチル化カテキンストリクチニンという成分が多く含まれているそうです。
テアニンビタミンなどの成分や抗酸化力のあるカテキン類も一般の緑茶と同様に含まれている。

メチル化カテキンにはヒスタミンの放出を止める作用があるらしいです。

花粉やハウスダストなどのアレルゲンが体内に入ると、体内でアレルゲン物質を排除する為にIgE(免疫グロブリンE)抗体を作り、ヒスタミンなどのかゆみを引き起こす炎症物質をいっせいに放出します。するとアレルギー反応を起こし「くしゃみ・鼻みず・鼻詰まり・眼のかゆみ」などの症状がでてしまいます。「メチル化カテキン」には、このIgE(免疫グロブリンE)抗体の発現と、ヒスタミンなどの炎症物質を抑制する力があり、アレルギー反応を抑制する働きがあるので、「くしゃみ・鼻みず・鼻詰まり・眼のかゆみ」などの症状が緩和されます。



「メチル化カテキン」は体内への吸収率(腸管吸収)が高くアレルギー疾患に有効であることが、独立行政法人・野菜茶業研究所(元 農林水産省・茶業試験場)などの臨床研究成果から発表されています。また、体内での滞留時間も長いことから効果の持続性が良いと考えられます。


さらに
ストリクチニンという
IgE(免疫グロブリンE)抗体を作らせない成分も入っており


ポリフェノールの一種で緑茶カテキンと同じタンニンの仲間で、アレルギーに対して効果がある成分です。アレルギー反応は、抗原(アレルゲン)に対してIgE(免疫グロブリンE)抗体が過剰に作られるのが大きな原因と言われており、ストリクチニンは このIgE(免疫グロブリンE)抗体の産生を抑制するということは、原因のIgE(免疫グロブリンE)抗体を沢山作らないことになるのです。


うちは今お茶と同じように飲んでますが、
甜茶もお茶の飲むより濃縮したエキスのほうが効果があったように、
べにふうきもサプリメントのほうが効果が高いかもしれません。

試してみようかと思ってます^^。



icon
icon
べにふうきサプリメント 「ぐずらん」




参考URL
wikipedia
All About 
irie life


関連記事はコチラ↓です。


子育てを振り返る~普通(以下)の親から賢い子は育つの?
「知的好奇心を日常で育む」

こちらのコメント欄をなくしました。
コメントもむこうで受け付けていますのでよろしくです^^。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへにほんブログ村
↑ 自分に少しだけ負荷を与えるためにランキングに参加しました。
応援いただけたら励みになります。

Category : 花粉症
Posted by anon on  | 0 trackback

Trackbacks

trackbackURL:http://happylifetoo.blog98.fc2.com/tb.php/93-541f6580
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。