HappyLifeを目指して too | 身の丈にあったちょうどいいライフスタイルを送りたいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへにほんブログ村
↑ 自分に少しだけ負荷を与えるためにランキングに参加しました。
応援いただけたら励みになります。

Posted by anon on  | 

メルマガキャンペーン ラブレビューティ

私が美容と健康のために飲んだり飲まなかったり(笑)しているのは

「すっぽん小町」

このラブレビューティです。




Lb-1.jpg

ラブレビューティー50ml瓶50本入【送料無料】北海道・沖縄以外ラブレビューティー 50ml瓶 50...



これとビタミン類は、常備しています。
飲み忘れちゃうこともあるんだけど、そうしたらなんだか調子が良くない感じがする。


一番体感するのはお肌のハリとつやつや感です^^。

これだけでもなくてはならない。
勝負時(だからいつ?笑)には必ず飲みます。


加えてこのラブレビューティには
ラブレ菌が約180億個!!

いや商品としてはこっちの成分がメインなんですけど(笑)

ラブレ菌は

京都パストゥール研究所を設立した故・岸田綱太郎博士が、1993年に京都の漬物、酸茎漬(すぐきづけ)から発見した

植物性の乳酸菌




しかもこれ、ナノ化されています。

なぜ小さくすると良いのか?

免疫力が上がることのシステムとして

乳酸菌は胃内で消化分解されず、大きな塊のまま小腸まで到達

最強の門番(免疫システム)と言われるM細胞で、様々なウイルスや細菌を何でも取り込む(貪食)

マクロファージと呼ばれる細胞が有害かどうかをチェック

仮に体に有害な細菌やウイルスだとしたら攻撃態勢をとり、免疫力を高めるIFN-αという物質を生産

リンパ球に攻撃するように指令を出して、悪い細菌やウイルスから体を守っています。

ラブレ菌がこのM細胞に取り込まれると、M細胞は敵と勘違いし、攻撃態勢をとり免疫力を上げる物質であるIFN-αを生産します。これによって結果として免疫力が上がる

そうなのですが、

このM細胞、取り込む粒子の大きさが10μmを超えるとM細胞による貪食は著しく低くなることがわかっています。つまり、免疫力を発揮するためには、粒子の大きさを小さくすることが効果的である

のだそうです。


植物性乳酸菌「ラブレ菌」のナノ化(粒子径1.0μm未満)技術を開発




そんなこんなで体感を感じて飲み続けているわけですが、
これ、初回の購入は
初回購入特別価格1,680円(税込、送料無料)だったんです。

こりゃお得!!ってんで飛びついた




定価は50ml・1本210円(税込)10本入り2,100円

でも2回目からは定価(><)

楽天で探しても最安値は10本1960円でした。




でもメルマガに登録していたら、
時々お得な情報が送られてきて、

今月は10本1680円
初回購入とおんなじ値段でした!!


なので大喜びで30本ほど注文をしたのですが、
せっかくお安くなってるので、
もっといっぱい買いだめしてたほうがよかったかしらね?(爆)


もちろん初めて購入されるかたも1680円です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへにほんブログ村
↑ 自分に少しだけ負荷を与えるためにランキングに参加しました。
応援いただけたら励みになります。

Posted by anon on  | 2 comments 

-2 Comments

saki says...""
この頃、ドリンクを探してる。
サプリより即効性がありそうな気がして。

でも金額見てやめる。
疲れてるわけじゃないのに眠くって。
普段栄養とって無いから(?)抜群に効きそうで怖い。
から飲まない。

ってなんなの、このグタグタ。
結局サプリもドリンクも飲まず白湯飲んでるw
2012.05.20 13:01 | URL | #- [edit]
anon says...""
♡ sakiさん
sakiさんは基本健康なんですよ!
羨ましいです。
食事で栄養が摂れて、寝込むことなく毎日過ごせているのだったらサプリもドリンクも飲まなくていいと思います^^。

私も・・・
一番欲しいサプリは金額考えたら買うことができない(><)
今は家にいるのでなんとかやり過ごせていますが、働くことになったら絶対買います!(笑)
2012.05.20 20:36 | URL | #TY.N/4k. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。